• 2008.11.14 Friday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • pookmark
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

そして本も読むのだ。
映画だけじゃなくて、やっぱり読書もしなきゃねと「始祖鳥記」(飯嶋和一著)及び「この闇と光」(服部まゆみ著)を読みました。ジャンルがぐちゃぐちゃだけど気にしない、気にしない。

「始祖鳥記」は18世紀の備前で空を飛ぶことに挑戦した男の人の話。ちなみに実在の人物なんだとか。3部構成で、500ページ超というボリュームに最初戸惑いますが、読み始めればぐんぐんと話に引き込まれていってあっという間に読了します。鳥人の幸吉をはじめ、伊兵衛、源太郎、杢平、仁右衛門などの人柄にはほれぼれしました。母に薦められなかったら、知らずに終わった本でしたが、読んでよかった!

「この闇と光」は服部まゆみさんらしい美しく、どこかゆがんだ話でした。あっと驚く展開が待っているので、絶対結末を人に話しちゃいけないし、解説を先に読んだりしてもいけません。この本、大分前に買って放置してあったのをようやく読んだんですが、これまた読んでよかった。

落ち着いたらまた洋書も読み始めます。努力、努力。
  • 2008.11.14 Friday
  • 12:53
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • pookmark
スポンサーサイト
Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://gsmith.jugem.cc/trackback/410
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
Manics Player
MOBILE
qrcode
LINK
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.