• 2008.11.14 Friday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • pookmark
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

梅雨入り前に読書、読書
梨木さんの本を読み終えたので、久々にどっしりとした本を読みました。帚木蓬生さんの「国銅」です。これは母の推薦があったので、図書館で借りてみました。彼の著作は2−3作読んでますが、どれも深く考えさせられるものばかりです。今回のもやはり同じでした。
これはあの奈良の大仏さんを作った人々の話なんですけど、あの大きな仏さんを作るのに、どれだけの人がかかわり、どれだけの年月を費やしたのかなんてこれを読むまでは全く想像したこともなかったので、正直驚きました。実際に現物を見たことがあるだけに、その衝撃も大きかった。上巻は時間をかけて読んでいたけれど、下巻は一気に読みきってしまいました。

あまりに重いので、たわいのないことだけ書いておきます。・・・まともに感想書いてたらすごく時間がかかってしまう・・・。

途中、主人公が色々な食べ物、飲み物を食するんですけど、そのどれもに興味津々。あわびとか、あわびとか、あわびとか。笑 再現して食べさせて欲しい。

母の推薦のお言葉に「螺髪のとこをどうやって作ったとかわかるのよ〜」とありましたが、確かにその部分は興味深く読みました。ほほぅってかんじ。

文庫も出てますんで、ぜひ一読を。
  • 2008.11.14 Friday
  • 01:05
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • pookmark
スポンサーサイト
Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://gsmith.jugem.cc/trackback/420
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
Manics Player
MOBILE
qrcode
LINK
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.